インターネット料金は安さだけで選ぶと損をする!お得に契約するテクニック

[公開日]2017/10/18

インターネット料金 安い

インターネット料金を安さにつられて申し込むとあまり得ではありません。

なぜならばインターネット回線の申し込みではキャッシュバックなどのキャンペーンが盛んに行われており、これらの特典を活用することでネットの料金は数万円も節約できるからです。

とはいえインターネット回線の料金やキャッシュバックにはわかりにくい点が多いですよね。

この記事ではインターネット料金を正しく比較して、より安い料金で快適なネット環境を手に入れる方法を解説します。



月々が安いだけで選ぶと失敗する?インターネット料金比較の4ポイント


インターネット料金 安い

インターネット回線の料金を調べていると大きな文字でお得な金額が書かれていることがありますよね。

しかし、この安い料金は一番安い時期の値段をアピールしているだけであることも多く、その料金だけで決めてしまうと損をしてしまうことがあるので注意が必要です。

月額だけを検討するのではなく、インターネット回線の費用は総額で比較しましょう。

月額料金だけではなく総額費用で比較する

インターネット料金が安いかどうか見極める上で重要なのは、

  • 月額料金や工事費などの支出費用
  • 割引やキャッシュバック

といったように「かかる費用」と「お得になる」費用を総合的に考えることです。

まず、インターネットの回線を契約するにあたって必要となる支出費用を確認しましょう。

支出費用の4ポイント
  1. 月額料金
  2. 工事費用
  3. 契約手数料
  4. 解約清算金

月額料金の相場は3~5千円
月額料金は毎月請求される金額ですが、この相場は3~5千円です。

3千円よりも金額が下回っている場合は、キャンペーンの割引が適用されている可能性が高く、割引終了後は思っていたよりも高額な請求になるケースがあります。

利用期間中の料金合計で考える
「契約してから3ヶ月間は割引料金」といったインターネット回線に対して、自分の利用する期間は3年間で考えていたとします。

この場合は割引の期間終了後の料金も含めて3年間の料金総額を計算しましょう。

料金総額で他の回線と比較すれば、迷わずに最安なインターネット回線を選ぶことができます。

固定回線では工事費用に注意
WiMAXなどのモバイルルーターを契約する場合を除くと、インターネット回線を開通するためにはマンションや戸建て住宅への工事が必要となり、工事費用も請求されます。

工事費用は各社のバラつきがあり、15,000円~40,000円近くと様々です。

しかし、新規契約のキャンペーンを利用することで工事費用の実質負担を0円にすることができます。

工事費の無料キャンペーンは利用すべき
「実質0円」という表記の意味合いですが、説明すると下記の通りになります。

  1. 工事費用の総額を月々の分割払いとする
  2. 分割払いの請求と同額の料金を月の請求から割引
  3. 分割払い完了のタイミングで工事費用の総額が全額割引される

このように一定期間の利用がないと無料にならないため、「実質」とついているのです。

長期的に使う予定で期間を満了できるという場合には非常にお得な割引で狙い目です。

なお、工事の分割払いが残っている間に解約する場合には、その時点で残っている工事費をまとめて支払う必要があります。

契約手数料
契約に必要な事務手続きの費用は800円から3000円前後が一般的です。

この費用は契約後の初回請求で支払うケースが多くあります。

違約金はかかる前提で対応する
指定の期間外で解約をした際に、違約金は発生します。

更新月であれば違約金は無料だが…
インターネット回線の契約の大半は年単位での更新です。

違約金を支払う必要のない状況で解約できる期間は1カ月しかないこともよくあります。

違約金の支払いがない期間と引っ越しが重なって解約となるケースは滅多にありません。

違約金の支払いはあるという前提で、契約前に金額をチェックしましょう。

「キャンペーンによる割引がお得なもの」「キャッシュバックが高額」といった契約プランほど、違約金が高額になっている傾向があるので注意しましょう。

料金がお得になる2つの割引方法
  1. スマホとのセット割
  2. キャッシュバックキャンペーン

スマホとのセット割
インターネット回線とスマホを同じ企業にすることで得られる割引サービスです。

スマホ一台につき、データプランなどの契約内容によって異なりますが、月々1,000円から2,000円ほどの割引が適用されます。

家族で同じ携帯電話会社を使っているとお得
割引を適用するにあたってスマホの台数が多ければ多いほどオトクです。

ただ、スマホセットの割引は2年間など限定的なケースも多くあり、こちらも利用する予定の期間の総額で検討するのがオススメです。

割引対象のスマホの台数によってはメリットが少ないこともありますが、その際はキャッシュバックを利用しましょう。

良質なキャッシュバックキャンペーンを選ぶ
現金やAmazonギフトカードなどの商品券を新規契約のプレゼントとしてもらえる」というキャッシュバックキャンペーンがインターネット回線では盛んに行われています。

検索すると「8万円キャッシュバック」などの高額で魅力的なキャッシュバックを見かけることもありますが、これらの高額キャッシュバックには注意が必要です。

高額なものはリスクあり!良質なキャッシュバックを選ぶ
高額なキャッシュバックほど受け取り方が複雑であったり、キャンペーン適用条件に過剰なオプションの申し込みを求められるケースがあります。

キャッシュバックは良質なものを選ばなければオトクにインターネット回線を契約することはできません。

キャッシュバック活用の注意点を押さえておきましょう。

キャッシュバックにつられて不要なオプションを申し込まない

インターネット回線の広告のなかには、10万超えの高額キャッシュバックがあることもあります。

しかし、高額のキャッシュバックには複雑な条件が盛り込まれいることもありますので、下記のチェックポイントを把握しておきましょう。

不要なオプション加入で月額が高額になってないか
インターネット回線には様々な有料オプションがあります。

電話、メールといったものからセキュリティサービスやサポートといった内容です。

高額キャッシュバックを利用するためには、上記のような有料サービスの利用が必要なことがあります。

もともと利用を検討していた内容であれば問題はありませんが、使う予定のない不要なサービスを申し込んで月額料金の請求が負担になるというような事態は避けましょう。

工事費無料などの金額がキャッシュバックに含まれていないか
多くの場合で無料となる工事費などの金額をキャッシュバックの金額に含めているケースは、キャッシュバックの金額を大きく見せようとしているため要注意です。

このような金額を大きく見せるキャッシュバックキャンペーンの手法はインターネット回線の事業者から営業を委託されている代理店サイトなどで多く見られます。

高額で煽るような代理店サイトのキャッシュバックは、受け取り手続きが複雑でもらえないこともあります。

小見出し1.3:キャッシュバックの手続きを忘れるともらえなくなることも

受け取りにくいキャッシュバックに要注意
代理店サイトの高額キャッシュバックでは以下のように受け取り手続きが複雑なものがあります。

  1. 契約申し込み
  2. 契約後6ヶ月後にメール手続き
  3. その1ヶ月後に書面を郵送
  4. キャッシュバック受け取り

この半年後のメール連絡は、インターネット回線の契約時に設定したアドレスに届きます。

契約時に設定したアドレスは使わずに放置してしまうこともあり、多くの方がキャッシュバックのメールに気づくことができずに申し込み期間がすぎてしまったという経験をしています。

キャッシュバックを受け取る上では下記の対策がオススメです。

キャッシュバックを確実にもらう方法
普段使っている手帳やカレンダーに記載しておきましょう。

また、リマインダーなどの予定時刻になった際に知らせてくれるアプリに入力しておくことも有効です。

キャッシュバックの手続き期間であろう時期に毎日アラームで知らせるようにしておけば、手続き忘れを防ぐことができます。

紹介前提のキャッシュバックは現実的ではない
「友人知人を紹介し、サービスに加入させる」といった内容をキャッシュバックの条件にしていることがありますが、基本的に紹介キャンペーンの利用は難しいと考えたほうが良いでしょう。

事前に友人間でサービス加入が決まっており、キャッシュバックを共有する前提であれば可能ですが、基本的にそのような状況はレアケースです。

友人と同時に契約してキャンペーンすることができたとしても、一方の利用者の解約などによってオトクに利用できないケースもあります。

キャッシュバックの条件項目は必ず読む
契約前にキャッシュバックの条件項目を、必ず確認するようにして下さい。

キャッシュバックの金額に、「最大」や「上限」などの表記があるものは注意しましょう。

キャッシュバックの多くに受け取りにくさはありますが、中には良心的なキャッシュバックもあります。

良心的なキャッシュバックを見抜く3ポイント

  • サービス加入後すぐに受け取れる
  • 解約清算金が高くならない
  • オプションに加入しなくてよい

上記の3ポイントを満たすことができれば、良心的なキャッシュバックと判断できます。

あくまで参考ではありますが、この条件を満たすキャッシュバック金額の相場は1万~2万です。

しかし、関東限定ではありますがNURO光の公式サイトのように、回線事業者が行っているサービスであっても、

  1. 4万円の工事費が実質無料
  2. 3万円の現金キャッシュバック

の両方の特典が適用される魅力的なキャッシュバックがあります。

このような公式サイトのキャッシュバックであれば、もらい忘れで悔しい思いをすることもないでしょう。

NURO光公式:3万円キャッシュバック

「パソコンで動画」「家族でWi-Fiを利用」なら光回線がベスト


インターネット料金 安い

  • 家族みんなでネットを使う
  • オンラインゲームをする
  • 動画をよく見る

この条件に1つでも当てはまるというのであれば、光回線がオススメです。

通信量が多くなる使い方なら光回線が無難

インターネットの利用には、光回線の他にモバイルルーターやスマートフォンを使う方法があります。

しかし、メインの利用用途が

  • パソコンでYoutubeの動画を閲覧する
  • Netflixで映画を見る

といった大容量通信である場合、モバイルルーターやテザリングでは十分に対応できません。

モバイルルーターでも再生することは可能ですが、一定のデータ通信量に到達すると通信制限が適用される場合があります。

通信制限が適用されてしまうと低速な通信となり、動画の再生開始も非常に遅く、閲覧のたびにストレスを感じてしまいます。

ストレスのない大容量通信は光回線がオススメ
単身世帯のネットの利用であれば、モバイルルーターでも快適に通信できるでしょう。

しかし、SNS等の比較的小規模の通信でも、家族全員で頻繁にインターネットを活用するとデータ量が大きくなります。

一人当たりの通信量が少なくても、全員の合計量が多くなると通信制限となり得ます。

家族全員でWi-Fiを利用したり、動画の閲覧したりといった大容量のデータ通信が多いようであれば光回線を利用することが無難です。

【マンション編】一戸建てでオススメなインターネット回線


インターネット料金 安い

マンションで利用可能な光回線のサービスのうち、もっとも安く利用できる選択肢はauひかりです。

そのポイントは月額料金の安さとキャッシュバックの内容です。

auひかりのキャッシュバックで安くする

代理店によってはかなり高額なキャンペーンがありますが、選ぶべきはきちんともらえるキャッシュバックです。

確実にもらうキャッシュバックの料金と月額料金から、インターネット料金を安くしたい人にはauひかりがオススメです。

auスマートバリューを利用することでauの携帯電話料金を割引することもできます。

速さも重視したいならNURO光

NURO光のエリアは提供エリアが、

  • 東京都

に限られています。

しかし、エリア内でかつ申し込み可能な7階建て未満のマンションであれば日本最速の最大2Gbpsのインターネットを楽しむことができます。

料金プランにプロバイダやWiFiルーター、セキュリティソフトといった内容が含まれているだけでなく、公式サイトからの申し込みで三万円のキャッシュバックももらえます。

月額料金はauひかりよりも高めではありますが、現状のネット回線の速度に不満がある方にはNURO光はコストパフォーマンスが魅力的でしょう。

NURO光公式:3万円キャッシュバック

【一戸建て】速くて安いインターネット回線はNURO光


インターネット料金 安い

マンションよりも戸建てのインターネット回線のほうが全般的に高額です。

しかし、NURO光は戸建てと7階建てまでのマンションで料金が変わらないため、割安感があります。

エリア内であればNURO光がオススメ

提供エリア内であればという条件はつきますが、NURO光が料金が4,743円と安くオススメです。

NURO光は、
  • 国内最速の下り最大2Gbps
  • Wi-Fi機能もついたホームゲートウェイ
  • プロバイダ
  • カスペルスキーのセキュリティソフト

  • といったサービス内容が4,743円で利用できます。

    NURO光を利用することで、フレッツ光よりも最大通信速度が2倍になり、毎月の料金も1000円程度安くすることができます。

    関東限定というところがネックではありますが、申し込みができる条件が揃っているならば最有力の選択肢です。

    今なら公式サイトからの申し込みで三万円のキャッシュバックがもらえお得です。

    NURO光公式:3万円キャッシュバック

    NURO光のエリア外であればauひかりのキャッシュバックで節約する

    NURO光のエリアは限られているため、申し込みができないというケースもあります。

    そのような時にオススメな光回線がauひかりです。

    auひかりは良質なキャッシュバックのキャンペーンが充実しているため、通信費用の総額を節約できます。

    auひかりはフレッツ光と異なる独自回線であり、フレッツ光と同じようなスペックではありますが、地域によっては通信速度がフレッツに比べて改善することもあります。

    auのスマホ料金とセットで割引になるサービスもあるので、家計の見直しがしやすい料金プランでしょう。

    ちなみに「固定回線を使うほどではないけれど、インターネット回線は手元に欲しい」という場合は、これからご紹介するWiMAXであればさらに料金を節約することができます。

    アパートの一人暮らしにはWiMAXのモバイルルーターがオススメ


    インターネット料金 安い

    WiMAXのモバイルルーターは3日間の通信量が10GBに達した場合に通信制限が適用されます。

    この3日間で10GBという通信量ですが、高画質な動画を1日に何時間見るといったような使い方でなければ到達することはありません。

    そのため、一人暮らしであれば通信料も安くキャッシュバックも充実しているWiMAXがオススメです。

    WiMAXは月額費用が安く、キャッシュバックも充実

    WiMAXには以下のようなメリット、デメリットがあります。

    メリット
    • 実質の月額が3,000円~4,000円
    • 工事費用が発生しないため初期費用が低額
    • 申込から利用までの期間が短い

    デメリット
    • 通信速度が光回線に比べると遅い(下り最大440Mbps)
    • 無線環境のため場所によっては速度が低下することがある
    • 3日間で10GBを超えると通信制限

    メリット・デメリットをまとめると上記の通りですが、インターネットの利用方法によってはデメリットが気にならないケースもあります。

    ウェブサイトのチェックが中心であれば通信制限の心配なし
    動画をかなり頻繁に見る方にとっては通信制限が発生するためストレスになることがありますが、SNSやWEB閲覧がメインの用途でしたら十分です。

    ワイマックスの通信制限の対象である10GBという通信容量はかなり余裕がある数値と言えます。

    Youtubeの標準画質の動画でおよそ40時間以上、高画質で5時間以上もの閲覧が可能なのです。

    いずれにせよ相当な時間の閲覧が必要なため、通信制限が発生する方は相当なヘビーユーザーと言えるでしょう。

    そのようなヘビーユーザーの方は光回線がオススメです。

    1日1時間の動画であればWiMAXで十分
    もし一日に一時間程度の動画閲覧であれば、WiMAXで十分という判断もできます。

    WiMAXは提供しているプロバイダ数も多く、各社キャンペーンで顧客獲得を競っています。

    内容も充実しており、キャッシュバックの金額も高額です。

    ただWiMAXのプロバイダ選びもコツがあります。

    WiMAXのプロバイダを決める4つのポイント

    1. 月額料金
    2. キャッシュバック
    3. 解約料
    4. スマホセット割

    月額料金は総額で比較する
    月額料金だけでなく、利用する期間の総額で考えましょう。

    プロバイダによってはキャッシュバックが無い代わりに、月額の請求料金を割引するサービスもあります。

    キャッシュバックは魅力的な反面、手続きを忘れてもらえなくなるリスクが避けられません。

    キャッシュバックのもらいそびれが少しでも不安な方は、Broad WiMAXのように月額費用が安いプロバイダを選択することが手軽でオススメです。

    Broad Wimax公式サイト

    キャッシュバックはもらいやすいものを選ぶ
    WiMAXのキャッシュバックは光回線と比較すると条件が簡単なものが多くあります。

    キャッシュバックの中でもBIGLOBEのWiMAXであれば大手プロバイダということもあり、比較的スムーズにキャッシュバックを受け取ることが可能です。

    BIGLOBE WiMAX2+公式サイト

    キャッシュバックは面倒な手続きが多い
    キャッシュバックをもらうための条件は下記のようなケースが一般的です。

    サービス加入から○か月後に通知があり、その手続きを数週間で実施する

    文面にするとシンプルな内容ですが、忙しい毎日の中では何もしなければ忘れてしまいます。

    ちなみにキャッシュバックの金額が多くなるにつれて、手続きまでの期間が長くなり、もらい忘れの可能性が高まります。

    筆者のキャッシュバック成功談
    筆者もWiMAXユーザーですが、申し込む際にはキャッシュバック金額が一番多いプロバイダを選択しました。

    プロバイダからの通知を絶対に忘れないよう、対象月に通知のある指定メールアドレスとキャッシュバックの文字を、スマホやPCのボップアップで毎日表示させるよう設定しました。

    このようにキャッシュバックの存在を忘れない仕組みを取り入れたおかげで無事にキャッシュバックを利用できましたが、この仕組みがなければ忘れてしまいます。

    指定期間だけ思い出せるような仕組みが準備でき、忘れずに手続きができる自信のある方は高額キャッシュバックを選んでみるのもアリでしょう。

    解約料は5,000円から10,000円が平均的
    WiMAXの契約更新サイクルは2年周期が多いです。

    この更新期間に手続きをしないと携帯電話などと同じように自動更新されますので注意しましょう。

    更新期間外の違約金は5,000円~10,000円が一般的です。

    auのスマートバリューmineが利用可能
    スマホとセットで割引きを受けられる「auスマートバリュー」が利用可能です。

    auスマホを使うユーザであれば契約内容によりますが、月額1,000円程度の割引が適用されます。

    アパートの一人暮らしにWiMAXがオススメである理由

    WiMAXの電波は携帯電話と同じように利用環境によって左右されます。

    電波は空気中を移動し伝わるため、密室の空間だと弱くなりがちです。

    材質的にアパートはWiMAXを利用しやすい
    ただ、締め切った空間であっても建物や壁の材質などによって電波の伝わり方は異なります。

    鉄筋コンクリートのマンションなどは届きにくい状況になることがありますが、木造住宅・アパートであれば電波を通しやすいため、快適な利用がしやすいでしょう。

    なお、同じマンションやアパートなどの室内であっても、窓際のほうがWiMAXの通信がよりスムーズなこともあります。

    WiMAXのエリア内か必ず確認しよう
    地域によっては電波そのものが弱い可能性もあり、WiMAXの公式サイトで事前に確認することをお勧めいたします。

    実際にWiMAXを利用する環境で使えるか試したいという場合は、下記のようなレンタルサービスを利用すると確実です。
    無料お試し:TRY WiMAX

    複数人で利用する場合は注意
    家族で使う場合など、WiMAXを複数人で利用することは可能です。

    利用者がSNSやWEB閲覧がメインであれば問題ありませんが、利用者の複数人が動画がメインだとすると通信が混み合ってしまいます。

    通信量が多くなった結果、快適なインターネットの利用ができない可能性があります。

    光回線と比較するとWiMAXの最大速度は半分以下であるため、利用スタイルを考慮した上でWiMAX・光回線のどちらを選ぶか決めましょう。

    スマホのデータ通信をWiMAXに統一すれば通信費が節約可能

    スマホの契約を20GBや30GBなどの大容量プランで契約していたとします。

    スマホの契約容量を小さくし、外での利用はSNS中心、家でWiMAXに繋いで動画を楽しむというスタイルにできるのであれば、スマホの契約容量を見直し、通信費を安く済ませることが可能です。

    一人暮らしでスマホだけではなく、タブレットやノートパソコンを持ち運ぶことが多いという方は持ち運びできるWiMAXが使いやすいでしょう。

    まとめ:インターネット料金は快適な通信を維持して安くできる


    インターネット料金 安い

    ポイントを押さえることで、使い方や利用状況に合わせることでインターネットの料金は安くできます。

    快適にインターネットを利用しながら通信費を節約しましょう。