どうすれば好条件の看護師求人は見つかりますか?知っておくと有利な方法

[公開日]2018/08/04[更新日]2018/08/08

看護師が好条件で転職するために

どうすれば給与の条件が良い看護師の求人情報は見つかるの?
どうすれば福利厚生の良い看護師の求人情報が手に入る?
看護師の転職サイトを使うのはアリ?


看護師を続けていると、誰もが一度は必ず考えると言っても過言ではない「転職」。しかし、今よりも条件の良いところに入れなければ意味がありませんよね。

だからこそ、看護師にとって、職場選びが重要になってきます。実は、求人案件の条件を比較するだけでは、いい職場には巡り会えません。

求人には、目に見えない落とし穴が潜んでいる場合もあるのです。そんな落とし穴に引っかからずに、環境のいい、好条件の求人を見つけるポイントをお伝えします。


好条件の求人が期待できる看護師の転職サイトに登録する



転職を考える人は、まず最初に看護師専門の転職サイトに登録しましょう。

得られる情報量が増えるので、早めに登録しておいて情報収集しておくと有利に転職活動を進めることができます。

看護師専門の転職サイトが嬉しいのは、看護師の転職に特化した担当者がつくことです。転職サイトに2~3社登録してみることで、相性のいいコンサルタント(専任の担当者)に出会えます。

話しやすいエージェントとの出会いが、あなたにとって好条件の求人と出会うための重要なポイントです。

看護師専門転職サイトの担当者をフル活用するのは重要
看護師は、転職にも有利だと言われています。事実、万年人員不足の病院も多く、求人は1年中どこかの病院から出ています。

求人が多すぎる故に、「どこの病院がいいのかわからない」という問題が生じたり、勤務が忙しくて「転職活動に使える時間がない」という現実があります。そんな時、強い味方となってくれるのが、転職エージェント「転職紹介サービス」を行う会社です。

忙しい看護師に変わって、転職コンサルタントの方が、条件に合う求人を探したり、病院との面接時の調整、条件の交渉などから、面接対策、病院の実情などの情報も提供してくれます。

しかも、無料で行ってくれる嬉しいサービスですので、このサービスを使わない理由はありません。サービスを利用する事で、今までお話ししたようなポイントの確認もスムーズに行えると言う利点があります。

無料登録を済ませておくと有利な看護師専門の転職サイトおすすめ4選

看護師の転職サイトを選ぶポイントは以下の3点です。

手厚い転職サポート体制があるか・・・看護師の転職では専属のキャリアアドバイザーを活用できるかが重要
公開求人件数が多いか・・・非公開求人もあるので完全にはわからないが取扱求人件数の目安になる
信頼できる会社が運営しているか・・・求人、キャリアアドバイザーの質に影響する可能性がある

これらの点を踏まえ、看護師が登録しておきたい転職サイトを選びましたので紹介します。どのサイトも登録は無料です。


サイト
総合評価
転職サポート
公開求人数

担当者と
2人3脚

現場知る担当に
会って相談

約2万5000件

求人数多く
担当も経験豊富

面接・書類対策
手厚く支援

約9万件

求人は少ない
大手のサイト

専属担当が
対策/交渉支援

約7500件

差別点欠ける

専任担当が
求人を紹介

約1万5000件


なるべく多くの求人情報と触れたり、より自分に合ったキャリアアドバイザーを見つけるためにも、必ず2社以上の転職サイトに登録するようにしましょう。

それでは、特に登録をオススメできる3つの看護師転職サイトについて紹介します。

マイナビ看護師マイナビ看護師は公開求人数が多い上に、看護師専門のキャリアアドバイザーが直接会って相談に乗ってくれます。

もちろん、まだ転職を決断していない状況でもカウンセリングは受け付けてくれるので、まずは今のお仕事の悩みを相談してみると良いでしょう。

担当のキャリアアドバイザーは何度も病院に足を運び、細やかな情報も多く持っているので、自分に合った転職先を見つけられる確率はグッと上がります。

キャリアアドバイザーの質の良さから「マイナビ看護師」は絶対に登録しておいた方が良いサイトです。

無料で登録できる「マイナビ看護師」へ

ナースではたらこ「ナースではたらこ」を運営している「dip」は求人の専門会社です。地域別の求人情報に精通したエリア担当者が多数在籍しています。

各担当者は転職支援のプロなので、履歴書・面接対策、入職後のフォローまでサポートしてくれるので安心して転職活動が可能です。

「ナースではたらこ」は求人情報の数が多いので、なるべく多くの求人情報と触れるためにも登録しておいたほうが良いサイトだと評価できます。

登録から実際の転職支援まで、すべてのサービスは無料です。まずは登録して求人をチェックしてみてくださいね。

無料で登録できる「ナースではたらこ」へ

「ナースフル」は「リクナビ転職」や「はたらいく」などでおなじみの「リクルート」が運営する看護師のための転職サイトです。

公開求人の数は少なめですが、ナースフルは非公開求人も多く持っています。担当者に自分のこれまでの経験や希望条件を詳しく伝えることで、自分に合った非公開求人を多く紹介してもらえるでしょう。それが、転職活動成功のカギとなります。

転職業界大手のリクルートのキャリアアドバイザーから面接対策や志望動機の設定の仕方などを教えてもらうことができるので、登録しておいて損はありません。

無料で登録できる「ナースフル」へ


退職時期を計画的に決め、好条件の看護師求人を見逃さない



退職時期を前もって決めておくことは、円満退職をするためには重要なポイントです。

いつでも求人が出ている看護師業界ですが、「いつ辞めても大丈夫!」ということではありません。

確認しなければならない点や損をしない退職時期を選んで、そこへ向けて準備することが大切です。では、どのように時期を決めて行けばいいのでしょうか?

病院側の退職条件に合わせる
病院の終業規約に「退職」に関して、「◯ヶ月前に」という記載がありますので、確認の上、退職時期を決定する必要があります。

「一般的に1ヶ月と言われている」「労働基準法で2週間前となっている」ということだけで、一方的に退職してしまうと退職時のトラブルに繋がります。

退職金、有給消化の交渉も難しくなってしまいますので、きちんと就業規則は確認しましょう。

ボーナス、退職金、有給で損をしない
ボーナス時期に合わせて退職をする場合が多いと思いますので、いつボーナスが確定するのかを考えておくのも損しないためのポイントです。

ボーナス2回の病院であれば、前半年分の評価でボーナスが支払われるので、退職するとしてももらう資格は十分にあります。

退職金についても病院の規定で1年以上、3年以上など決まっていますので、あと1日だったのに・・・などということにならないように終業年数の計算をしておくのも損しないためのポイントです。

案件の多い時期を狙い、好条件の看護師求人と出会う


看護師は比較的、年中求人のある業界ですが、実は案件が多く出る時期があります。

少ない時期よりも多い時期のほうが、いい案件に出会える可能性が広がりますので、ぜひチェックしてください。

案件が多くなるのは・・・
・夏冬ボーナス後
・新人さんの離職の増える6〜7月
・年度末の2〜3月

離職の増える時期に合わせて、病院側も求人を出す傾向にあります。

この時期に合わせることも好条件の求人を見つけるためのポイントです。この時期にスムーズに転職するためにも、退職時期も逆算しておくことも大切になります。

あまりにも好条件過ぎる看護師求人には注意


看護師 求人 好条件


求人案件をみていると「好条件」と思われる案件がいくつか出てきます。ですが、注意が必要な案件もあります。

それは、「好条件過ぎる場合」です。そんないい求人に出会った時は、「なんでこんな条件なのか?」を考えてみることが必要です。

高給与、休日110日以上、退職金、有給あり、ボーナス5か月・・・時にこんな「すごくいい!」という求人を見つけることがありますが、注意が必要です。

もちろん事実である場合もありますが、あまりにも好条件すぎる場合は、裏に隠れた事情があることが多いのです。

「夜勤回数がものすごく多い」
「残業が多い」
「休日出勤がある」
「ボーナスは、1年後以降」
「有給は消化できない」など・・・

とにかく人手不足なので、表面上、条件を良くしている病院も中にはあります。

好条件を見つけてもすぐに決めてしまうのではなく、実際に病院を見学して、現場の看護師の顔をみるというのも大切です。

また、このような事情は看護師転職サイトの担当者と話して情報を得られます。

自分のライフスタイルに合う看護師求人=好条件と判断する


看護師転職サイトの比較


職場を決める上で、大切なことの一つに「自分のライフスタイル」に合うかということがあります。

収入面で好条件に見える求人でも、自分自身の「ライフスタイル」に合わなければ、苦痛になってしまうのです。

例えば、総合病院、手取り30万、夜勤4回(二交代)、4週9休という条件があったときに、「仕事をバリバリやりたい」という人と「趣味の時間も確保したい」という人では、本当にいい条件かどうかは、異なってきます。

夜勤回数も平均回数の場合や、4回ぽっきりという場合、実は4~9回という場合など様々です。

手当により手取りも変わりますし、回数が増えれば、時間体力共に消耗しますので、ライフスタイルによって、確認する条件も違ってきます。

まずは「仕事をバリバリやりたい」「収入を増やしたい」「しっかりと休みをとりたい」など、転職する上で何を大切にしたいのかを考えましょう。

それを明確に見つけることができれば、表面だけの情報ではなく、転職エージェントの担当者と話したり、病院見学などで事実確認をして、情報を収集しましょう。

その情報を見比べて、自分のライフスタイルに合うかを検討することが、将来的に充実した看護師ライフを送るための重要なポイントになります。

好条件求人を見つけたら他の看護師の年齢層を確認



意外と重要なのは、一緒に働く仲間となる看護師の年齢層やライフステージです。

ジェネレーションギャップはないか
年齢層は、同年代がいた方がいい、年上が多い方がやりやすいなどの好みもありますが、受けている教育の違いが年齢によって出てくるので、その違いに順応できるかも検討することが大切です。

例えば、50代が多い職場に20代で入職した場合、受けた教育の違いから、「見て覚えるのが当たり前」となって、教育してもらえないと感じてしまう場合もあります。そのギャップが原因で辞めてしまう看護師も多いのが事実です。

子育て中が多いか、独身が多いか
子育て中の人が多いのか、独身が多いかでも、状況は全然違います。

子育て中の方なら、同じような状況の方が多い方が理解を得られやすいでしょう。しかし、独身者が多い場合は、理解してもらえないことも多いかもしれません。

逆に独身者の場合、子育て中の人の対応によるしわ寄せで帰れないなどの問題が起こることもあるので、転職エージェントの担当者と話しながら、よく確認しておきましょう。

好条件の看護師求人は教育体制を確認する


看護師の新人教育とプリセプター


前述と通じるところがありますが、病院やスタッフによって教育の方法が様々です。

注意したいのは、求人に書いてある教育体制が整っているとは限らないということです。病院としては、プリセプター制を導入しているけれど、スタッフに浸透しておらず、結局、教育はなかったということもあります。

また、教育を受ける場合のスタンスを決めておく必要もあります。

「何年もやっているのに新人と同じ教育は耐えられない」「ブランクがあるから、しっかり教育してほしい」などによって、選ぶ基準も変わってきます。

あまり重要視しない方も多いですが、教育体制に関するストレスで、辞めてしまう看護師もいます。せっかく転職するのですから、自分にあった教育体制のところを選びましょう。

好条件の看護師求人が交代勤務制の場合は交代時間を確認


好条件だと感じた看護師求人が交代勤務制だった場合、交代時間をチェックしておきましょう。

申し送りがある場合、その分の時間が勤務間に含まれているかで、残業発生率が変わってきます。交代時間が申し送り時間を含んでいるかを確認する1つのポイントにもなります。

例えば、日勤17:00終了、夜勤17:00開始の場合は、日勤者か夜勤者が申し送りのために残るか、早出をするかになってしまうため、どのように申し送りが行われるのかをチェックしておくことをオススメします。

やたらと申し送りが長い、申し送りがない病院もあります。交代勤務の場合は、申し送りの有無、方法、時間が確保されているかも、要チェックです。

看護師求人の福利厚生は重要!好条件かどうかよく尋ねる


福利厚生は、転職をする際に重要なポイントです。

有給休暇の日数、退職金制度、家賃補助など重要視するポイントがそれぞれあると思います。

例えば、家賃補助制度があるところでは、上限がいくらなのかも気になるところかもしれませんが、住む場所に制限があるかなどもチェックする必要があります。

病院から2キロ以内のワンルームまでなど細かい条件がある場合もありますので、しっかりと確認が必要です。

好条件の看護師求人を見つけるには転職サイトの担当者をフル活用!


好条件の看護師求人を見つけるポイントをお伝えしてきました。

もちろん、全ての条件が揃った求人はないかと思います。なるべく、条件に近い求人に出会うことが大切になります。

そのためにはまず、看護師転職サイトに登録し、どんどん担当者から転職先の詳しい情報を得うようにしましょう。いかに活用できるかで、転職活動がどれだけ有利に進められるかが変わります。

給与や勤務体系のみでなく、一緒に働くスタッフやライフステージによって、どこに重きをおくかも考えながら求人をみることが、良い求人と出会うためのポイントです。

せっかく転職するのですから、今よりも条件がよく、自分に合った職場に出会いたいものですね。今回お話したポイントをチェックして、求人選びをしてみてください。